ボディケア アンチエイジング シミ・しわ

日焼けによる肌老化を防止するために必要なこと!

スポンサーリンク

/

日焼けをするとお肌が老化するのは、わかってはいるけれど

なかなか対策が出来ていないっていう人も多いのではないでしょうか?

実は加齢による老化よりも太陽の光による老化の方がウェートが高いのです。

だからしっかりと日焼け防止対策をしないと老化がどんどんすすんでしまいます。

なぜ太陽の光を浴びると肌が老化するの?光老化って何?

太陽光線には種類があります。波長の短いのはUV(紫外線)、次に可視光線、波長が一番長いのが赤外線になります。

その太陽の光ですが波長の長い方がお肌の奥まで届いてしまいます。

UV(紫外線には)UVAとUVB、UVCがありますが、UVCは波長が短いためほとんど地上にとどきません。ダメージを与えるのはUVAとUVBです。

UVAは肌の奥まで到達してコラーゲンやエラスチンを破壊します。また、分泌されたメラニン色素を酸化させることで肌の色を黒くする作用もあります。

UVBは、肌の表面に炎症を引きおこし、メラニン色素を多量に分泌させることでシミやそばかすの原因となります。

近年ではさらに、近赤外線が皮膚の土台となっている皮下組織にダメージを与えることで、たるみが生じることが指摘されています。

ポイント

長い波長のUV-Aは肌をすぐに黒くする紫外線・・・シワ、たるみの原因

短い波長のUV-Bは肌に炎症を引き起こす紫外線・・・シミ、そばかすの原因

日傘や帽子だけで紫外線を完全に防ぐのは難しいので、色々な形で紫外線が肌に届くため、複数のUV対策を組み合わせることが大切です。しっかり光老化対策をして行きましょう

 

光老化の予防はUV対策!日焼け止めが基本

紫外線から防止や日傘などで紫外線を防ごうとしますが、やはり完全ではありません。基本は日焼け止めを塗ることが大切です。ではどのような日焼け止めがよいのでしょうか?

SPFとPAとは?

日焼け止めでよく見かける、「SPF」や「PA」という表示。どういう意味かご存じでしょうか?

それぞれを理解すると、利用場所やお肌によってどのような日焼け止めがよいのか選びやすくなります。

「SPF」とは、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせるUVB(紫外線B波)を防ぐ効果指数のこと。

1~50+までの数値が設定されており、数値が高いほどにUVBによる肌の炎症を長く防げます。

「PA」とはUV-Aにが肌に侵入するのをどれだけ協力に防止するかをを示すものです。

PAは「PA+」〜「PA++++」の4段階で表示され、「+」が多いほど防止力が高まります。

日焼け止めの種類

種類  
クリームタイプ お出かけ前に塗るのに向いています。ウォータープルーフはクリームタイプが多い。
ミルクタイプ 保湿力が高く乾燥肌の方に向いています。
ジェルタイプ ジェルはべたつかないため、クリームなどのべたつきが気になる人に向いています。
スプレータイプ 手を使わないため、外出先で便利です。

TPOを考えて使い分けていきましょう!

日焼けしてしまった時の処置!

ついうっかり日焼けしてしまったーっ!このような時にどういう対処をすればよいでしょうか?

日焼けした肌は水分が失われて乾燥しています。まずは冷たい水、保冷剤や濡れタオルなどで冷やしましょう!

今はスプレー式の熱さを抑える化粧水も出ています。

これなんか浸透力が水の4倍なのでおすすめです!

URUONトライアルセットはこちら

水分が失われた肌はバリや機能が低下しています。

その後にたっぷりの化粧水や乳液で水分を補給しましょう!

まとめ

しっかりとした毎日の日焼け対策によって、未来のお肌がずいぶん変わります。

日焼け止めの特徴を理解して、利用シーンなどによりしっかりとした対策をしましょう。

エイジングケアも出来る日焼け止めもありましたので下記記事を参考にして下さい!

3732
アスタリフトで美白の季節がやってきた!肌老化を防ぐのが若さの秘訣

太陽の日差しが厳しく、湿度も高く汗がベタベタとするお肌に悪いこの環境! 肌老化を少しでも防ぐことが、若さの秘訣! そこで今年もまたアスタリフトホワイトの季節がやってきました。 今年こそ、しっかり美白を ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ボディケア, アンチエイジング, シミ・しわ

© 2021 RenaBee! Powered by AFFINGER5